愛知・岐阜・三重に密着した機械・工具の専門商社

SHICHI CO.,LTD
お問い合わせはこちら
バリ取り自動ロボット

省人化・自動化をご検討のお客様へ
熟練工のバリ取りレベルを
自動化にて実現

小型バリ取りロボットセル FDM-001
小型バリ取りロボットセル
FDM-001

参考価格 6,800,000円(税別)

・本機以外別途費用

(ティーチング、治具、治具用インデックステーブル
裾付運転調整費、運搬費、使用変更に伴う設計費用)

納品 即納~6ヶ月

(在庫状況、部材調達状況により変動します)

バリ取り自動ロボットの特徴

  • オールインワンバリ取りシステムで品質、サイクル短縮、コスト低減を実現。
  • 6軸小型ロボットにより狭所などにも自由にツールアプローチ可能。
  • エアフロート式バリ取りアタッチメントを搭載しワーク形状のバラつきに柔軟に対応。
  • ツールをワンタッチ交換できる独自開発のクイックチェンジ式モータスピンドルを標準搭載。
  • ATCマガジンを搭載すれば、2種類の刃具を自動交換可能。(※オプション)
  • 切削油を自動塗布するオイルポッドや刃具の溶着を除去する刃先洗浄ブラシユニットも準備。(※オプション)
  • コンパクトな操作盤は収納式で操作が必要な時のみ引き出し、自動運転中は側面カバー内に収納可能。
  • ターンテーブル機構を採用しハイサイクルな自動加工ラインにも対応可能。
  • 標準で刃具折れ確認スイッチ、ライトカーテン、機内LED照明、ながらスイッチ、3色シグナルタワーを搭載。
  • 治具テーブルはロボット付加軸制御増設により更なるサイクル短縮が可能。(※オプション)
  • 外寸W1000 × D1800 × H1520のコンパクト設計。

保全性・安全性

  • ターンテーブル駆動部の潤滑グリスはメンテナンスフリー。(定期交換不要)
  • 切粉は架台下部にて集中回収。キャスター付き切粉台車でラクラク回収。
  • ワーク供給部にセーフティライトカーテンを採用。作業中・回転中の事故を防止。
  • メンテナンスカバー(左右側面)に脱着確認用スイッチ付き。作業中の事故を防止。

主要諸元

設備 名称 小型バリ取りロボットセル
型式 FDM-001
外寸 W1000 × D1800 × H1520
重量 500kg(RB重量含む)
設置形式 床置
ユーティリティ 電源 AC200V 3P 1.2KVA(60/50Hz対応)
エア 0.4MPa(ドライエア)
ロボット 本体 FANUC製 LRMate 200iD(可搬重量:7kg)
制御盤 R-30iB Mate
ターンテーブル 駆動方式 サーボモータ(1.5kW 2000rpm)
インデックス ローラーカムドライブ式
スピード 4rev/sec(2sec/180°)
位置決め精度 40arc・sec(治具テーブルセンタ:0.06㎜)
繰返し精度 ±5arc・sec(±0.007㎜)
治具テーブル テーブル寸法 300x300(治具位置決めピン付)
治具テーブル
オプション
駆動方式 サーボモータ(750w 6000rpm)
インデックス ローラーカムドライブ式
バリ取り
システム
バリ取り
アタッチメント
エアフロート式バリ取りアタッチメントAF40型
モータスピンドル クイックチェンジモータスピンドルSP40L-QM型
その他の
オプション
オイルポッド オイル缶溝付け式(0.4ℓ)
刃先洗浄
ブラシユニット
インダクションモータ(400w 1200rpm)
ATCマガジン 2連式(在席センサ、脱着確認センサ付き)

設備外寸

バリ取り自動ロボット専用お問い合わせフォーム
専任の営業より回答いたします。
お気軽にどうぞ。
会社名
部署名
役職名
お名前
住所
メールアドレス
お問い合わせ内容

・簡単で結構です。やりたいこと、お困り事、ご質問ございましたら、ご記入ください。

お答えできる範囲で結構です。

被削材
現在のバリ取り方法
工場内で使用中の産業用ロボット
*は必須項目です。